Vol.16 2016-17 冬コレクション


Animation Runs!初めての公募プログラムです。
2011年以降に完成した30分以内のアニメーション作品、ということを条件に参加を募りました。
この小さな上映会にどのくらいの応募があるのかと思いましたが、結果、多くの幅広い内容の作品が寄せられ、2つのプログラムを構成できることになりました!
今年の締めとして、みなさまもお気に入りの作品を見つけに来られてはいかがでしょうか?

2016年12月29日(木)
(1)Aプログラム 13:30-
(2)Bプログラム 15:00-
(3)Aプログラム 16:30-
(4)Bプログラム 18:00-

一般: 1000円(1ドリンク付き)
  高校生以下: 500円(ドリンク別)
  ※一日通し券となり、上記料金で全プログラム鑑賞できます。
  (事前予約優先)※定員は各回15名までとなっております。

ブックカフェギャラリーQuiet Holiday

〈JR・山陽姫路駅より姫路城方面(北)に向かって徒歩約10分〉

フライヤーはこちら→ 「Animation Runs!vol.16《2016-17 冬コレクション》」

PROGRAM

●Aプログラム
作品監督制作年上映時間
アニメ漫才ウコ劇場「リアルな夢」はりんこ堂20151′19″
おちんちんの悩み香取剛20141′22″
天地無用K.Kotani 20165′10″
Moving Colors上甲トモヨシ/TAKU TEAM20165′04″
やけどとほし三上あいこ20165′21″
I and i西澤周平201513′09″
砂漠の夜の夢ayaka nakamura20144′32″
affordance 野辺ハヤト 201618′26″
●Bプログラム
作品監督制作年上映時間
公園のトロイ「碧い瞳のアリス」MATSUMO20169′13″
PANIMATIONさとうゆか20150′40″
R.I.P.さとうゆか20154′27″
カリモノヒーロー増田祐子20163′01″
So Red And A Little Blue羅絲佳(Sijia LUO)20154′00″
RABBIT TALES深谷莉沙20163′14″
scope植田翔太20122′44″
Uncle and Girl内藤日和 20116′17″
ぼくの時間 だれかの時間川村健一201618′47″

[su_button style="flat" background="#ff0d0e" size="5"]Aプログラム ①13:30~ ②16:30~[/su_button]

アニメ漫才ウコ劇場「リアルな夢」

本作は「夢」をテーマとした2015年の「第13回NHKミニミニ映像大賞」アニメ・CG部門で準グランプリ及び市橋織江賞を受賞した59秒の作品のテロップを改訂し、オープニング映像とエンディング映像を追加した作品です。
コテコテの関西弁と絶妙な?「間」で繰り広げるヘンテココンビ、ウコのしゃべくりと突飛なオチをお楽しみ下さい。

【監督】はりんこ堂
【スタッフ】
アニメーション制作:はりんこ堂
声の出演:ウサ=はりんこ堂 ネコ=はりんこ堂
音楽/音響効果:はりんこ堂

(1′19”/2015)

おちんちんの悩み

男の一生について回る愛おしいくも悩ましい存在
おちんちん
真正面から赤裸々に向き合った男子一生の性教育映像

【監督】香取 剛
【スタッフ】
脚本・声 香取 剛

(1′22”/2014)

天地無用

天地がひっくり返るような大スペクタクルアニメーションです!

【監督】K.Kotani

(5′10”/2016)

Moving Colors

12人のクリエイターが“色”をテーマに自由に表現したオムニバスリレーアニメーションです。
一人ではできない、一人では出しきれない色をこの作品を通じてカラフルに彩りました。
一つに繋がった色彩豊かなアニメーションとジャズのセッションを是非お楽しみください。

【監督】上甲トモヨシ/TAKU TEAM
【スタッフ】
■制作チーム:TAKU TEAM
■総合監督:上甲トモヨシ
■音楽/東金城 友洋 (alto sax, voice, compose)/小林 豊美(flute,bass flute, andes25, piano, voice, etc)/池澤龍作 (snare, cymbals, objects)
■サウンドエンジニア:小沢惟史
■編集:上甲トモヨシ
■タイトルデザイン:古川タク
■タイトルアニメーション:小谷野萌
■アニメーション制作:橋谷 卓磨 (Orange) /中島 渉(Brown) /キム・ハケン (Purple)/金子 祥之(Black)/森田 志穂(Red)/小谷野 萌 (Raspberry / Turquoise)/久保 雄太郎 (Black)/田村 悠 (Green)/本田 康明(Crimson)/キム・イェオン (Mint)/上甲 トモヨシ (Blue)/一瀬 皓コ / (Gold)

(5′04”/2016)

やけどとほし

個人の小さな悩みや生命と、その周りの自然の生命についてのアニメーション。
少女が自分のやけどを覗き込むと、やけどは様々なものに変形する。
どの生命も愛しく繋がっている。

【監督】三上あいこ
【スタッフ】
作画・音楽:三上あいこ

(5′21”/2016)

I and i

外界に嫌気のさした女性。
心の闇が彼女の体を滅ぼしていく。
唯一残った心の中の幼少期の自身に出会い心境が変化していく。

【監督】西澤 周平

(13′09”/2015)

砂漠の夜の夢

何も無い地平線
そこから移ろい変わって行くものと
それでもそこに立ち続ける

【監督】ayaka nakamura
【スタッフ】
music/ゆゆ はるか


(4′32”/2014)

affordance

アフォーダンスは「環境が動物に与え、提供している意味や価値」である。よいものでも(食物やすまいのように)、わるいものでも(毒や落とし穴のように)、環境が動物のために備えているのがアフォーダンスである。
―「アフォーダンス」佐々木正人―
"アフォード(afford)”される行動のその先にあるものを、人は感じることができるのだろうか。
もしそれが出来たとき、人間はその結果を変えるべく成長することができるのだろうか。

【監督】野辺ハヤト
【スタッフ】
アニメーション・音楽:野辺ハヤト
編集:野辺智子
マスタリングエンジニア:中村宗一郎 (PEACE MUSIC)

(18′26”/2016)

[su_button style="flat" background="#069b84" size="5"]Bプログラム ①15:00~ ②18:00~[/su_button]

公園のトロイ「碧い瞳のアリス」

ある日、ネコは路地裏の窓の白猫に恋をした。
しかし、どうやら彼女は部屋の中に幽閉されているらしい‥。
今宵、その彼女を救うべく、一夜のハートフルラブロマンスが今はじまる!?

【監督】MATSUMO
【スタッフ】
声の出演:
木馬‥‥コウト
猫‥‥山口清孝
アリス ‥‥ 内山 由香莉
中年ババア‥‥ イズ

(9′13”/2016)

PANIMATION

パンケーキでパンケーキを作ろう!

【監督】さとうゆか
【スタッフ】アニメーション:さとうゆか

(0′40”/2015)

R.I.P.

自殺をする人のところに現れる女の子。
誰にも見えないが、ずっとそこにいる。

【監督】さとうゆか
【スタッフ】アニメーション:さとうゆか

(4′27”/2015)

カリモノヒーロー

主人公はヒーローに憧れる少年。
ある日公園を歩いていると、道端にヒーローベルトを見つける。興味本位で身に着けてみるとベルトは突然光りだし、少年は空高く飛ばされる。
たどり着いた先、街中では正体不明の巨大な怪物が暴れていた。

【監督】増田祐子

(3′01”/2015)

So Red And A Little Blue

赤ちゃんと青ちゃんのインターネットストーリー。
彼達が初めて会った時、顔は赤くて、気持ちがブルーでしょうか。

【監督】羅 絲佳(Sijia LUO)
【スタッフ】
動画・彩色協力:石 鈺(Yu SHI)/ 宋 志浩(Zhihao SONG)
音楽・サウンドデザイン:張 萱(Xuan ZHANG)

(4′00”/2015)

RABBIT TALES

愛情を込めて育てられた家畜は美味しいと聞きます。
同じ絵でも、その理由を知っているのと知らないのでは見え方が変わってくる。
繰り返される生活の中で、彼女はただ、美味しい食事をしたいだけなのでしょう。

【監督】深谷莉沙
【スタッフ】
music by mimi et meme
compose&piano ヒラセドユウキ / violin 大嶋世菜 cello 林田順平 / sax 近藤祐加

(3′14”/2016)

scope

作家は自身の内なる世界を作品としてアウトプットする。
その際、「手」の持つ出口としての役割はとても重要だと思う。
作家の「手」により生み出された作品を介して内的世界をのぞき見る。
そこにはきっと、その人にしか見えない、その人自身すら見た事が無いかもしれない素晴らしい世界が広がっているはず。
・・・多分。
2016年改訂・再編集

【監督】植田翔太
【スタッフ】アニメート・編集・音楽:植田翔太

(2′44”/2012)

Uncle and Girl

一人で留守番するのに飽きてしまった女の子。
外で遊んでいたら戸が開いている家を見つけこっそり忍び込み遊んでいると、その家の住人のおじさんが帰ってきてしまい…。

【監督】内藤日和

(6′17”/2011)

ぼくの時間 だれかの時間

図書館で働く主人公と、主人公の周りの人達の日常生活を断片的に描いた作品。

【監督】川村健一

(18′47”/2016)