Vol.30 三ツ星レストランの残飯監督特集

 

日  時

2018年2月23日(金)

(1)18:00~/(2)19:30~

 

料  金

一   般: 900円+1ドリンクオーダー要

高校生以下: 500円



※定員は各回15名までとなっております。



会  場

ブックカフェギャラリーQuiet Holiday



〈JR・山陽姫路駅より姫路城方面(北)に向かって徒歩約10分〉

 

※フライヤーはこちら↓

 

 

プログラム

『妙な肉』
【6′00″/2013】

かんぼつ・けんべん・いぼじるの3匹のゲテブツ三銃士がお届けする、極めて下品で下劣で、キッチュで珍妙な、ハートフルハッピーアニメーションっ!
ちょっと気持ち良い。


『臓さん』
【17′00″/2014】

ゲテブツ三銃士と謎の綿クリペドロがお届けする、極めて下品で下劣で、キッチュで珍妙な、ハートフルハッピーアニメーションっ!!
大変しつこく気持ち良い。

『からんぽりん』
【5′00″/2014】

『臓さん』のレンダリングの合間に簡単な手描きのアニメを作ろうと思い、実践。
おおよそ3ヶ月ぐらいで制作。
からっぽで、ちゃらんぽらんで、めらんこりん。



第8回(2015年)よなご映像フェスティバル 入選

『わたぁぬちゃん』
【3′00″/2016】

"下北沢トリウッドでの上映プログラムを組まれた時に、『からんぽりん』と『びくてぃむ』の間の緩衝材とすべく、‪期限1ヶ月でお話もキャラクターも無から作り始められた。
昔の雑なFLASHアニメを意識して制作。

 

『びくてぃむ』
【8′00″/2012】

イメージフォーラムのワークショップで制作。
当時、スランプで落ち込んでいた監督のエナジーを最大限に叩き込んだ、ターニングポイントとなった作品。

『外テ物』
【9′00″/2016】

極めて下品で下劣で、キッチュで珍妙な、ハートフルハッピーアニメーションっ!!!
『妙な肉』より動き『臓さん』よりしつこくない。
第一シリーズの最後としても、初見の人でも見れるような、そこそこ良い塩梅で気持ち良い。



第2回フェチフェスアンダーグラウンド映画祭 グランプリ
第9回(2016年)よなご映像フェスティバル 準グランプリ
20th(2017年) CHOFU SHORT FILM COMPETITION 入選
Fetifest: Japan's Underground Film Festival(2017年)上映
イメージフォーラム ヤング・パースペクティヴ2017 上映

 

監督プロフィール

 

三ツ星レストランの残飯

昭和60年 山口県生まれ。
ごった煮あにめ珍国際的映像作家。
もう、ずっとゴミの中。
奥深くに眠って肉づくり。

上記の作品以外に
『まぼろしのおはなし』(2008年)
『濁ッた佃煮』『みんちゃあ』(2017年) など。

2017年3月22日・23日には、下北沢トリウッドで上映会『蔵さん 完全版』を開催。

Twitter:@Kan_bo_tsu

HP:http://zanpano1314.wixsite.com/3-stars-rest-zanpano