Vol.13 山村浩二監督特集

vol13_facebook

vol13_lead



1周年記念特別企画

山村監督にインタビュー大募集中!(2016年8月24日〔水〕まで)



2016年9月 9日(金)

①Aプログラム 18:00~ ②Bプログラム 19:30~

2016年9月10日(土)

①Aプログラム 13:30~ ②Bプログラム 15:00~ 

 

一般(1ドリンク付)…1プログラム 1000円/2プログラム 1300円

高校生以下(ドリンク別)…1プログラム 500円/2プログラム 800円

 

ブックカフェギャラリーQuiet Holiday

〈JR・山陽姫路駅より姫路城方面(北)に向かって徒歩約10分〉

 

PROGRAM

●Aプログラム【20世紀】

 水棲ひゃっかずかん遠近法の箱キップリングJr.カロとピヨブプト「あめのひ」バベルの本どっちにする?

●Bプログラム【21世紀】

 頭山おまけ年をとった鰐こどもの形而上学鶴下絵和歌巻古事記 日向篇five fire fish鐘声色彩幻想

 

『Animation Runs! vol.13』のチラシダウンロードはpdfコチラ(PDF4.5MB)

※開催概要確認等にご活用ください。



◆山村浩二監督プロフィール




 

『水棲』

Aquatic1(C) Yamamura Animation



小川のせせらぎ、流れるリンゴ、水に映った空の中、自分自身の影がメタモルフォーゼし、無数の魚の幻影が、現われ消える。

透過光と粘土で描いたアニメーション。

【5′21″/1987】



演出・アニメーション・美術:山村浩二

音楽:黒沢潤


〔受賞歴〕

ハイビジョン推進協会会長賞:ハイビジョン・アワード’92

 

『ひゃっかずかん』

J-E-pictionary01(C) Yamamura Animation



日本語は、「あ」から始まり、「ん」まで、英語は、「A」から始まり「Z」まで、しりとりをパラレルに展開していく。

あり→りりく→く…、ANT→TAKE OFF→F…。

言葉にあわせて絵が技法と共に変化していき、アニメーションの技法の「百科図鑑」にもなっている。

【12′00″/1989】



演出・アニメーション・美術:山村浩二

音楽:黒沢潤


〔受賞歴〕

審査員特別賞:イメージフォーラムフェスティバル’90


 

遠近法の箱

(C) Yamamura Animation



ビル、カラス、溢れるバーコード、同じ姿のサラリーマン、買い物をする女性等、現代の都市を象徴するような画一化され、過剰で過密なイメージが、凝縮されているアニメーション。

加工した写真、動画、立体物、透過光などの技法をマルチプレーンの線画台上でコラージュし、独特の一体感と圧縮感を持つ空間の表現に挑戦した作品。
 

【4′10″/1990】



演出・アニメーション・美術:山村浩二

撮影:秋吉信幸

音楽:上野耕路


 

キップリングJr.

(C) Yamamura Animation

主人公のキップ・キップリングとパパとママ、そしてロッグひきいる3人組の楽団が織り成す叙情豊かなアニメーション。

人形を特殊な処理で動画にする新しい技法を使って、今までに見たことのなかったような画面空間が展開される。

【13′58″/1995】


演出・アニメーション:山村浩二

撮影:秋吉信幸

音楽:シジジーズ

製作:こどもの城/ヤマムラアニメーション


〔受賞歴〕

特別名誉賞受賞:シカゴ国際児童映画祭

 

『カロとピヨブプト「あめのひ」』

(C) Yamamura Animation

カロが、雨の中を泳いでいるサカナを見たと、ピヨブプトに話すのですが、ピヨブプトは信じてくれない。

カロは怒ってケンカのようになってしまいますが、しだいに、二人の言葉のイメージがひろがって行って…。

【4′20″/1992】


演出・アニメーション・美術:山村浩二

撮影:秋吉信幸

音楽:シジジーズ

声:カロ・須藤 隆/ピヨブプト・冷水ひとみ

NHK「プチクレイ」で1993~放送


〔受賞歴〕

アニメーション映画最優秀監督賞:シカゴ国際児童映画祭

プラハ賞:ズーリン国際映画祭

子ども向けのアニメーション部門第2位:第5回国際アニメーションフェステイバル広島大会


 

バベルの本

(C) Yamamura Animation



バスに乗り遅れた兄妹が、バス停のベンチに置き忘れられた古い本を手に取る。

ページを開くと突風が起こり、地響きと共にページからバベルの塔が生えてくる。

塔の中は、広大な図書館。

中の老人がページを捲る度、文字が幻獣に変化して…。

幻想文学者J.L.ボルヘスの「幻獣辞典」からインスパイヤされた作品。 

【5′05″/1996】



演出・アニメーション:山村浩二

音楽:シジジーズ

声:兄・並木嵩晃/妹・牧野由依

NHK教育『プチプチ・アニメ』にて1996~放送


〔受賞歴〕

TVアニメーション部門第1位:97 ソウルアニメーションエクスポ

第1位:シカゴ国際児童映画祭

 

『どっちにする?』

YourChoice !-02(C) Yamamura Animation



虫歯で髪の毛ボサボサのワニのラウル。床屋に行くか、歯医者に行くか、それともどっちも行かないか。

傘をもっていくか、行かないか悩むアルマジロのマジーロ。

“どっちにする?” か判断を迫られる出来ごとの数々。

子どもの自主性、判断力、決断力をテーマに、ジュニア・ディレクターズ’ とワークショップを重ねながら、子ども達のアイデアを取り入れて完成させたアニメーション。

【10′00″/1999】



演出:山村浩二/ジュニアディレクターズ

アニメーション・美術:山村浩二

音楽:須藤隆

音響:キタザトレイジ/笠松広司

製作:ヤマムラアニメーション

製作協力:電通

プロデューサー:澤茂樹


〔受賞歴〕

Children’s film 最優秀賞:オタワ国際アニメーション映画祭

奨励賞:ラピュタ・アニメーション・フェスティバル Vol.1 2000-ノルシュティン大賞

Children’s animation film 特別賞:第10回シュトゥットガルト国際アニメーション映画祭

審査員特別賞:第4回ソウル国際家族映画祭

大人の審査員が選ぶ短編アニメーション第1位:シカゴ国際児童映画祭


 

 

頭山

(C) Yamamura Animation

ケチな男が拾って来たサクランボの種を食べたために、頭に桜が生えて、そこに花見客が訪れる。

花見客が騒がしくて桜の木を抜くと今度はその穴に水がたまって、海水浴客が集まってくる。

落語「あたま山」を現代、東京に舞台を移し、アニメーションで新解釈を試みた作品。

【10′00″/2002】



演出・アニメーション・美術・編集:山村浩二

語り・三味線:国本武春

脚本:米村正二

音楽:国本武春/シジジーズ

サウンドデザイン:笠松広司

製作:ヤマムラアニメーション



〔受賞歴〕

第75回アカデミー賞Ⓡ短編アニメーション部門ノミネート

グランプリ:アヌシー2003

グランプリ:第16回ザグレブ国際アニメーション映画祭

グランプリ:第10回広島国際アニメーションフェスティバル

※他多数


 

おまけ

(C) Yamamura Animation

「ヤマムラアニメーション図鑑」ロードショー公開のために特別に製作した小品集。

過去に作成した驚き盤や最新作『フィッシャーとドングリ』シリーズなど楽しい9つのプチ・アニメーション。

【2′16″/2003】



制作・演出・アニメーション:山村浩二

おと:北里玲二

製作:ヤマムラアニメーション



〔上映歴〕

第10回広島国際アニメーションフェスティバル

第3回台湾国際アニメーション映画祭


 

年をとった鰐

(C) Yamamura Animation

リュウマチに悩まされ嫌気がさした年をとった鰐は、孫を食べてしまい家族から追放される。

旅の途中で出会った蛸と紅海へと旅立つが、鰐は一晩に1本ずつ、蛸の足を食べ始める。

フランスの児童文学者レオポルド・ショヴォーの原作を忠実にアニメーション化した。

【13′00″/2005】



演出・脚本・アニメーション・美術・編集:山村浩二

語り:ピーター・バラカン

原作:レオポルド・ショヴォー「年をとったワニの話」(福音館書店/出口裕弘 訳)

サウンドデザイン:笠松広司

Music “BALANDA AND DOROT DANCES”

Recorded in SUDAN by DAVID FANSHAWE

CHAPPELL RML WORLD RECORDINGS “AFRICAN TRILOGY 2”

NICHION SOUNDS LIBRARY

製作:ヤマムラアニメーション



〔受賞歴〕

最優秀作品賞(グランプリ):飛騨国際メルヘンアニメーション映像祭

グランプリ(Best International Animation Film):第3回ビリニュス国際アニメーション映画祭-Tindirindis

優秀賞:平成17年度[第9回]文化庁メディア芸術祭(アニメーション部門)

※他多数


 

こどもの形而上学

(C) Yamamura Animation

数字頭のこども、顔を巻き取り携えるこども。

両目を魚がサポートしてくれるこども。

こどもの生態と哲学を、悲しみとユーモアを添えてスケッチする。

【5′08″/2007】



監督・脚本・アニメーション:山村浩二

音楽:セルゲイ・プロコフィエフ

編曲:冷水ひとみ

サウンドデザイン:笠松広司

製作:ヤマムラアニメーション

芸術文化振興基金助成作品



〔受賞歴〕

ONDA CURTA賞:モンストラ・リスボン・アニメーション映画祭

審査員特別賞:飛騨国際メルヘンアニメーション映像祭


優秀賞:文化庁メディア芸術祭


 

鶴下絵和歌巻

(C) Yamamura Animation

俵屋宗達が描いた全長13メートル56センチにおよぶ長い絵巻「鶴下絵和歌巻」(十七世紀)は、ムービングイメージを喚起するユニークな絵である。

この「鶴下絵和歌巻」の構造、俵屋宗達の意図を読み解き、アニメーションとして解釈して実験的な作品に仕上げた。

【1′55″/2011】



俵屋宗達 元絵(十七世紀)

原画・動画・彩色・監督:山村浩二

動画:中田彩郁/田中美妃

アシスタント:山村早苗

サウンドデザイン:笠松広司

ミキシング:斎藤健二 

製作:ヤマムラアニメーション



2011.12.5、NHKBSプレミアム「極上美の饗宴」シリーズ琳派・華麗なる革命(1)俵屋宗達「鶴下絵和歌巻」にて放送。


 

『古事記 日向篇』

(C)Koji Yamamura / NHK Enterprises

古事記とは、世界が誕生し神々が生まれ出ずるという創世神話から始まる、712年に編さんされた日本最古の歴史書である。そこから日向を舞台にした「禊」「天照大御神」「木花之佐久夜毘売」「海佐知山佐知」の4つのエピソードをアニメーション化した。

【映画祭用再編集版/12′07″/2013】



演出・脚本・アニメーション:山村浩二

語り:明石勇/遠藤ふき子

音楽:上野耕路

サウンドデザイン:笠松広司

動画:牧野惇(イアリンジャパン)/久保雄太郎

英語翻訳:ディーン島内

プロデューサー:土橋圭介

制作統括:山本展也

制作:NHKエンタープライズ



オタワ国際アニメーション映画祭(カナダ、2013.0918 -22)大人向けテレビ作品部門コンペティション

第17回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 審査員会推薦作品

モンストラ リスボン国際アニメーション映画祭 国際短編コンペティション

ザグレブ国際アニメーション映画祭(クロアチア、2014.06.03 – 08)依頼制作作品部門コンペティション


 

five fire fish

(C) Yamamura Animation

iPadアプリ「 McLAREN’s WORKSHOP」のEtching on filmを使って即興的に制作。

ほとんどの動きが、偶然、マクラレンの音楽とシンクロした。

【1′29″/2013】



原画・動画・監督:山村浩二

制作・カナダ国立映画制作庁(NFB)


 

鐘声色彩幻想

(C) Yamamura Animation

Quartier des Spectaclesとカナダ国立映画制作庁のパートナーシップの枠組みで、ノーマン・マクラレンの1949年作品『色彩幻想』の抜粋を用い制作した作品。

『色彩幻想』にはノーマン·マクラレンとイブリン・ランバートが「ペインテイング」としてクレジットされている。

山村は、抽象画家でヤマムラアニメーションの共同設立者の妻Sanaeと一緒にペイントすることで、マクラレンとイブリンと同じコラボレーションを再現する。

35mmフィルムに直接に描かれた『色彩幻想』にならい、券売機用の長いロール紙に自由にドローイングを描き、マクラレンのように音楽にあわせ編集することで、視覚的音楽を構築する。

音楽は、「クリスマスクラッカー」と「クリスマス郵便はお早めに」と題されたマクラレンの初期作品から2曲を使用している。

鐘の音とオルガンの賛美歌によって、マクラレンの100年目の誕生を祝う。

【3′40″/2014】



製作:ヤマムラアニメーション

ペインティング:Sanae、山村浩二

音楽:「クリスマスクラッカー」

ミュジーク・コンクレート、作曲: M·ブラックバーン

オルガンソロ:R·フレミング

ギターソロ:エルドン・ラスバーン

「クリスマス郵便はお早めに」

作曲:エルドン・ラスバーン

パートナー: Quartier des Spectacles、カナダ国立映画制作庁


yokokuhen

 

 

 

 

山村浩二(アニメーション作家)

山村浩二

1964年生まれ。東京造形大学卒業。

90年代『カロとピヨブプト』『パクシ』『バベルの本』など子どものためのアニメーションを多彩な技法で制作。

2002年『頭山』がアヌシー、ザグレブをはじめ世界の主要なアニメーション映画祭で6つのグランプリを受賞、第75回アカデミー賞®短編アニメーション部門にノミネートされる。

『頭山』は、アヌシー国際アニメーション映画祭が選ぶ「アニメーションの一世紀 100作品」、「ASIFA50周年記念アニメーションベスト50」に選出される。また『カフカ 田舎医者』がオタワ、シュトゥットガルトなど7つのグランプリを受賞。

世界4大アニメーション映画祭すべてでグランプリを受賞、大藤信郎賞、広島での2度のグランプリ、文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞5回受賞など、国内外で80以上の賞を受賞。

2010年文化交流使としてカナダで活動。

2011年カナダ国立映画制作庁とのアジア初の共同制作アニメーションとして『マイブリッジの糸』が完成。

DVD作品集は日本、フランス、アメリカ、カナダ、韓国で発売されている。

2013年よりアニメーションストア&ギャラリーAu Praxinoscope(オープラクシノスコープ)を開設。

『雨ニモマケズ Rain Won’t』(今人舎)、『ぱれーど』(講談社)など絵本画家、イラストレーターとしても活躍。

『くだもの だもの』『おやおや、おやさい』『おかしなおかし』(共に文:石津ちひろ、福音館書店)はシリーズ累計50万部を超えるロングセラー。

2006年アジアアニメーション映画祭にて優秀アーティスト賞、2008年ブラチスラヴァ・アニメーション・ビエンナーレにてアルビーン・ブルノフスキー名誉メダル授与、2012年第30回川喜多賞受賞、2014年ヴィースバーデン市文化局賞受賞。

映画芸術科学アカデミー会員、日本アニメーション協会副会長、ASIFA日本支部理事、ヤマムラアニメーション有限会社代表取締役、比治山大学客員教授、東京造形大学客員教授、東京藝術大学教授。



【公式サイト】 ▶ http://www.yamamura-animation.jp/