Vol.32 オープン座セサミ特集

大阪を拠点に活動する人形アニメーション制作団体!

1989年から人形劇を中心に活動し、
1999年からその造形技術を活かした人形アニメーション制作、
現在は人形アニメーション制作以外にも、上映会・ワークショップなどで活動中。

大人も子供もワクワクする、冒険に出たくなるような世界が待っています!





日  時

2018年4月20日(金)

(1)18:30~/(2)20:00~

 

◉上映イベント

西村有理監督(オープン座セサミ代表)トーク

※来場予定



料  金

一   般:900円+1ドリンクオーダー要

高校生以下:500円



※定員は各回15名までとなっております。



会  場

ブックカフェギャラリーQuiet Holiday

http://quietholiday.net/



〈JR・山陽姫路駅より姫路城方面(北)に向かって徒歩約10分〉

 

※フライヤーはこちら↓

 

ヨンタとなぞの船乗り デモ映像

 

プログラム

『ヨンタとなぞの船乗り』

【16'00"/2013】

ここは、明治時代の神戸港。
火事で焼けだされた少年ヨンタは、異人で船乗りのエド・クラバンとの出会いで、少しずつ海へのあこがれがめばえはじめるのでした。

2014ゆうばり国際ファンタスティック映画祭参加

『海の男ライミ
―シャチの入り江―』

【10'00"/2002】

いたずらシャチは、きょうも漁師のライミをからかって、網をやぶり魚を逃がしてしまう。
ところがある日、シャチは、浜に打ち上げられてしまった。
弱っていくシャチ。
さて、ライミはどうする?


広島水の都の映画祭:審査員特別賞 2004

『とらねことら』

【8'00"/2014】

海辺の村で、旅人はのんきにネコの写真を撮っていた。
突然、空が変色し、ネコは巨大に変身し、村のすべてを破壊していく。
逃げ惑う人々を見下ろしながら、崖上の旅人には、むずむずと シャッターをきりたい欲求がこみあげる。

『おおみそか』

【26'00"/2018】

おおみそかに、十二支の動物たちが、正月のしたくをしている。
人々のねがいごとをかなえるため、集まったはずだが、事件が次々に。

Kisssh-Kissssssh映画祭2017 自主制作映画アニメ部門グランプリ
第二回関前諸島岡村島映画祭2017 最優秀撮影賞
西東京市民映画祭2017 アニメ優秀作品賞

上の4作品以外にも超短編アニメーションを上映予定?! ご期待ください!



《オープン座セサミ》プロフィール

大阪でコマ撮り人形アニメーション制作や人形劇を創り続けている団体。

1989年から人形劇で活動、その後、造形技術を活かし1999年からコマ撮りを中心に活動するようになる。

キャラクターや造形は、手ざわり感を重視し、子供達の冒険心をくすぐる作品を制作。

昨年から今年にかけて、最新作『おおみそか』をもって、各地の映画祭に参加。

http://op-sesame.net/