/ ホーム / 開催概要 / 今後の予定 / プログラム / リンク / お問合せ /

Animation Runs! Vol.53

《にいやなおゆき監督特集》

日 時

2020年 2月29日(土)14:00~
(約2時間30分の予定)

料 金

一般:1200円+1ドリンクオーダー
高校生以下:800円

お申し込み・お問い合わせ

「Animation Runs!」プロジェクト(姫路シネマクラブ事務局内)
 e-mail: animation.runs@gmail.com

会 場

ブックカフェギャラリーQuiet Holiday
〈JR・山陽姫路駅より姫路城方面(北)に向かって徒歩約10分〉

フライヤー

(クリックすると大きな画像が表示されます)

昨年、最新作『乙姫二万年』を発表された、にいやなおゆき監督の特集上映を行います。
『烏賊祭』(セル・切り紙アニメ)、
『人喰山』(墨絵紙芝居アニメ)、
もちろん『乙姫二万年』(特撮玩具映画)の上映、
そして、にいや監督のトーク、合わせて各作品の撮影素材もお見せいたします!
また、にいや監督は武蔵野美術大学映像学科で手作りアニメ授業を担当されています。
トーク内で、武蔵美授業作品の参考上映と解説も行います。



...
...

納涼アニメ電球烏賊祭


電球が消えた、主人公は電球を探す旅に出る。
そして遭遇する地下世界の電球烏賊祭。
自由連想的に作られたシネポエム。
MTV Japanで再編集版が『IKAMATSURI』のタイトルで放映。
8ミリ原盤は火事で消失。

【1993/5分/8ミリフィルム→VHS→DV】

...
...

灰土警部の事件簿 人喰山


古風な探偵小説の挿絵調墨絵で怪奇な幻想世界を描く。
カメラワークと語りだけで見せる「紙芝居アニメ」。
弁士は作者のにいやなおゆき本人。
ゆうばり映画祭から、ドイツニッポンコネクションを皮切りに世界各国で上映されたアンダーグラウンドエログロアニメーション。

【2009/28分/DV】

...
...

乙姫二万年


4年間の歳月をかけて制作された最新作。
変な住人ばかりが住んでいるおんぼろアパート。
二万年後からやって来たという女が居候を始めてから不思議な出来事が次々と起こる。
写真、画、実写、模型、特撮、様々な技法を混ぜ合わせ制作された、誰も見たことのない「おもちゃ特撮映画」。
片目で見ると立体感が増す、2.5Dアニメです。

HP: https://otohime20000.wixsite.com/otohime20000
Twitter: https://twitter.com/R1PgYzcEegZslP5
Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100043859432163

【2018/35分/FHD】

監督プロフィール

にいやなおゆき

1963年、岡山県生まれ。アニメーション作家。
アニメーション作品に『納涼アニメ電球烏賊祭』(93)、紙芝居アニメ『灰土警部の事件簿 人喰山』(09)『乙姫二万年』(19)など。
特撮、特殊美術担当作品に、高橋洋監督『ソドムの市』(04)、沖島勳監督『WHO IS THAT MAN!?あの男は誰だ!?』(13)、NHKBSドラマ『小暮写真館』、私立恵比寿中学『未確認中学生X』、関根勤監督『騒音』(15)、井川耕一郎監督『色道四十八手 たからぶね』(14)など。
映画美学校講師、武蔵野美術大学映像学科非常勤講師。
【Twitter】https://twitter.com/R1PgYzcEegZslP5

Animation Runs! TOPのページに戻る→